名前で運命がわかる本格占い
名前だけで解る本格占い…これからの恋や仕事運を占います。

人生や運気を見るなら姓名判断を試してみよう

姓名判断という言葉は誰でも耳にしたことがあるほど有名なジャンルですね。
一言で説明すると、「人の氏名の画数や組み合わせによって運勢を診断する」と言った内容。
人の名前さえ分かれば運命は確実かつ簡単に調べられるため、スピリチュアルや風水といった複雑な要因が絡む運勢診断よりも正確性があることが大きな魅力があります。
また、赤ちゃんに命名する場合や恋人との関係が気になったとき、今の名前を改名をする場合などに非常に効果的なことも、姓名判断が人気である所以ですね。
このサイトを見てくださっている方のほとんどが、自身の運命やさきほどの内容が気になっているという方がほとんどかと思います。

姓名判断は、五格と呼ばれる5つの格「天格」「地格」「人格」「外格」「総格」や画数の数え方・種類によって調べます。
このような専門用語を聞くと難しく感じますが、結局は氏名の画数で全て分かることなので心配はありません。
それら五格や画数についての説明は、次のページ以降で詳しく解説致しますので興味のある方は是非ともご覧下さい。
まずはこのページにて、多くの人が気になっている、生まれてくる子供の名前決めや、失敗しない改名のいろはについて説明していきたいと思います。

本格占いをやってみる

子供に付ける名前は姓名判断だけに頼らないで

赤ちゃんの命名は、その子の人生に大きく左右するといっても過言ではないほど重要なことです。
名前を考える際は、周りの人に相談することもよいですし、姓名判断で診断することもよいでしょう。
そんな大切なことだからこそ、決して軽率な気持ちで名前を付けてはいけないのは百も承知だとご理解いただけると思います。
このことにちなんだ話題で、少し前から「DQNネーム」や「キラキラネーム」と巷で呼ばれている、読解が困難な名前がなぜか流行っているのです。
その一部を例に出しますと、「泡姫(ありえる)」「炎皇斗(かおす)」「希星(きらら)」などが挙げられます。
このような名前は、支離滅裂な当て字や無理やり英語みたいに読ませたものが特徴で、大きな社会問題になっているのです。

さて、本題に入りますが、姓名判断は名前の画数に関係するため、名前の意味が何であるかは関係ありません。
しかし、優しい子に育ってほしいから「優子(ゆうこ)」、賢い大人に成長してほしいから「賢一(けんいち)」など、親の立派な想いから付けられた名前の子供はきっと幸せでしょう。

一方、さきほど話題に上げた「DQNネーム」や「キラキラネーム」は、親の趣味や気分で付けられたようなものなので、お世辞にもその子供が純粋に成長するはずがありません。
前者も後者も画数だけを考慮したら、善し悪しはそれぞれ異なりますが、生まれてくる子供に真っ当な名前を付けてあげることを第一優先に考えるべきなのです。
ですが、姓名判断は子供がどんな人間に育てるかの一つ指標となりますので、子供の名前を最終的に決める際は参考にすると良いと思います。

本格占いをやってみる

改名で開運するなら姓名判断で調べよう

今の名前を捨てて改名するということは、すごく重要な決断です。
それをすることによって、名前にコンプレックスがある人が前向きになれたり、芸能人やスポーツマンなどの著名人がグングン功績を上げていったりと、メリットは大いにあります。
改名をする際には、一度きちんと姓名判断で運勢を確認しておきたいところです。

しかし、著名人が筆名を変えるのならまだしも、普通の人がおいそれと名前の変更ができるものではないということは知っている人も少なくないでしょう。
かいつまんで説明しますと、改名する際には家庭裁判所にて許可を得るために名前を変更する「正当な理由」が必要になるのです。

正当な理由とは、普通に読むことが困難な名前であるとか、犯罪者に同姓同名がいるといった、社会で生活する上で支障をきたす場合が挙げられます。
他にも理由は色々あるのですが、確かなことは「姓名判断したら私の運勢はよくなかった」とか「占い師が改名することを勧めている」といった内容では、まず許可は下りません。

もし、どうしても改名したい場合は、自分がこの名前でいかに精神的苦痛を生じているのかを訴える必要があります。
冒頭でもお伝えした通り、改名をする際に姓名判断をすることは効果てきめんで、人生が180度変わるといっても過言ではありません。
「一度改名したのになんか気に入らない」と後悔しないように、プロの姓名判断師に頼むのも良いでしょう。